022-232-5881

仙台市宮城野区扇町5丁目6番13号

CSR

Corporate Social Responsibility

当社のCSR活動

仙台ガス水道工業株式会社は、インフラ整備の一環を担う企業として、法令遵守や経済的貢献はもとより、自らの企業活動が与える影響の大きさと意味を自覚し、社会、地域及び住民の要請に応え続けることで、より高い次元での社会貢献を行うことを目的としています。

作る・施工活動

品質

[活動の方針]
QMSを活用した品質管理活動を継続し、発注者様及びお施主様の要求性能と機能を満たすことは当然として、より満足のゆく施工結果を提供します。

[具体的活動内容]
QMSによる予防活動の徹底

環境

[活動の方針]
EMSを活用した環境活動を強く意識し、施工周辺住民の皆様への環境影響と施工活動によって発生するCo2や最終処分廃棄物を最小限にとどめます。

[具体的活動内容]
ハイブリッド車、プラグインハイブリッド車の導入

安全

[活動の方針]
OH&SMSを活用した安全衛生活動をより高めることにより、施工場所周辺の歩行者や通行車両はもとより、施工に携わる関係者の安全を確保します。

[具体的活動内容]
リスクアセスメントの充実

安全衛生活動

仙台ガス水道工業株式会社は、施工地域における住民の皆様方や通行者の安全確保を第一とし、同じ職場で働く仲間が笑って家族の元に帰ることをモットーとして、安全衛生活動の向上を図っています。

労働安全衛生方針・行動指針

当社の活動に関連する法令及び合意した利害関係者の要求を順守し、関係する人々の労働安全衛生上のリスクへの対策と有益な機会への対応を行い、負傷及び病気の予防を確実に行うことにより、内外の信頼を獲得する。

  • 必要な労働安全衛生関連情報の整理と整頓、提供及び教育を行うことにより、安全衛生活動における個人の能力とモラルの向上を図る。
  • 社会的信用の確保、信頼の獲得のために、清掃及び清潔を重視し、周辺住民への安全上の不安感を最低限に抑える活動を行う。
  • 各自の経験と知識を活かして、ムリ、ムダ、ムラを低減し、効率的な活動を行い、適正な経費を確保し、労働安全衛生環境及び活動内容の改善に寄与する活動と設備への投資と維持を行う。
  • 当社の将来を担う社員を育成するために、社員間のコミュニケーション活動の活性化を図り、技能の伝授及び労働安全衛生関連情報の提供と交換を継続的に実施する。

みやぎ復旧・復興工事ゼロ災運動への参加

みやぎ復旧・復興工事ゼロ災運動への参加

宮城労働局の主唱する「みやぎ復旧・復興工事ゼロ災運動」に参加し、復旧・復興工事での労働災害防止の一環として『安全宣言運動』を行っています。

労働災害発生状況

仙台ガス水道工業の休業災害の発生状況(過去4年間)

平成30年4月1日現在

休業災害発生状況 平成26年度 平成27年度 平成28年度 平成29年度 合計
死亡・永久労働不能 0件 0件 0件 0件 0件
休業4日以上 0件 0件 0件 0件 0件
休業4日未満 0件 0件 0件 0件 0件

リスクアセスメント

リスクアセスメント&KYK

リスクアセスメント&KYK

リスクアセスメント内容から、法規制、作業手順書、緊急事態対応手順書及び予防計画等の確認が素早く行える、独自のEXCELファイルを活用し、リスクアセスメントの評価結果を考慮した危険予知活動を行っています。

リスクの見える化と見せる化

リスクの見える化と見せる化&KYK

リスクの見える化と見せる化&KYK

リスクアセスメント結果の特に重視すべき項目について、危険要因から起こり得る事故・災害を、模型とジオラマを使って直観的に意識できるような取組を始め、月間の安全衛生教育に活用しています。

その他

ドライブレコーダーの導入

ドライブレコーダーの導入

作業車両及び社有車運転者の交通事故防止の意識を高め、万一事故が発生した時の状況を的確に把握するため、全社有車両にドライブレコーダーを導入しています。

AED(自動体外式除細動機)の設置と対応

AED(自動体外式除細動機)の設置と対応

平成24年4月よりAEDを事業所内と作業班の車両に設置し、従業員全員に取扱いの講習を行いました。

熱中症予防への取り組み

熱中症予防への取り組み

当社は過去の予防対策に加え、厚生労働省の安全プロジェクトで紹介されている対策も取り入れ、継続的な熱中症予防に取り組んでいます。

造る・企業活動

[活動の方針]
社内業務及び施工に係る資格の取得と教育活動を推進し、社員一人ひとりがそれぞれの能力を高め、個人と組織の相互のモラル向上を目指します。

職場

[活動の方針]
社内業務で発生する廃棄物のリサイクルの推進、電力消費の削減に取り組み、合わせて快適な職場環境の形成に努めます。

[具体的活動内容]
LED照明の導入
GHP(ガスヒートポンプ)方式の空調設備導入
太陽光発電設備の導入

衛生

[活動の方針]
社員の健康維持と来訪者の皆様への対応として消毒薬の配置を継続して実施します。又、現場での移動式トイレカーを更新し、現場の衛生環境の向上に努めます。

[具体的活動内容]
大型空気清浄器の導入
冬季乾燥期の加湿器への消毒薬注入
移動式トイレカーの更新

環境負荷低減活動

仙台ガス水道工業株式会社は、企業活動における環境負荷の低減を継続的に実施し、地域社会への貢献及び地球温暖化防止活動に取り組んでいます。

社内照明のLED化

社内照明のLED化

2013年4月までに本社社屋照明のLED化を完了致しました。

ハイブリッド車&プラグインハイブリッド車の導入

ハイブリッド車&プラグインハイブリッド車の導入

2012年よりハイブリッド車への更新を始め、2013年からはプラグインハイブリッド車も導入し、本社の駐車場に5台分の充電設備を設置しました。
ガソリン車に比べハイブリッド車で、約60%の燃費改善を果たしています。(プラグインハイブリッド車についてはデータ収集中)

GHP(ガスヒートポンプ)の導入

GHP(ガスヒートポンプ)の導入

2013年9月より空調設備に、クリーンエネルギーとしての天然ガスを利用した、GHPを導入しました。併せて災害時などの停電時における緊急用発電機能も備えています。

太陽光発電の設置

太陽光発電の設置

2014年4月より低炭素社会づくりに向けた新たな取組として、屋上にソーラーパネルを設置し、太陽光発電を行っています。